- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト新潟

大切なお客様の愛車だからこそ、私たちも大切に扱います!

atukai1.jpg
コーティングショップにコーティング施工を任せる際には、そのお店に車を預けている時間、どのように扱っているのか気になる方は少なくないと思います。
これからコーティングをして綺麗になるという期待がある反面、自分の大切な愛車を預けるわけですから、自分の見えないところでどんな扱いをされるのか不安な気持ちもあるはずです。

当然と言えば当然です。
リボルト新潟では、お客様の立場に立ったサービスを心がけております。

そこで、預ける前の不安を少しでも解消できればと思い、当店でのお車の取り扱いや考え方をご紹介致します。
仮に私たち自身がお店を選ぶとしたら、作業をする人が自分の車を丁寧に扱ってくれるかどうかは、とても気になるところです。

当店では、お預かりしたお車はオーナー様以上に大切にするという気持ちで取り扱います。

まず、お預かり直後には、シート・フロアマット・ステアリングにカバーを施します。

atukai2.jpg

車内も汚したり傷を付けたりすることがないように最大限配慮しております。

特に、「作業着のまま、シートに直接乗り込む事は絶対に致しません!」

また、お預かりし、お車の移動の際には、各ペダル類(アクセル・ブレーキ・クラッチ)を直接土足で踏む事の無いように、これらも養生しております。

atukai3.jpg

作業を進める上で、どうしても車を移動させなければいけないことがありますが、乗降りはドアの内張りやサイドシル等、内装部品にも足をぶつけないよう細心の注意を払っております。
これらはお預かり時から納車までの作業工程を一貫して、当たり前のことを怠ることなく徹底しております。

例えば、コーティングから戻って来た時に外装は綺麗になっていてもシートが汚れていたり・・・、ドアの内側に靴が擦れた跡ができていたら・・・。それは自分の愛車だったら絶対に嫌ですから、そのような部分への配慮もコーティング専門店のハイクオリティな作業には欠かせないポイントでしょう。
だからこそ、「自分の車だったらどうか?」ということを常に考え、あなたの大切な愛車を安心して任せて頂けるようなサービスを提供できるように、コーティングのみに限らず総合的にハイクオリティな質を追求しております。

コーティング完成車は、ドア開閉時に直接素手で触れることはありません。

atukai5.jpg

また、車内側のドアヒンジ部を素手で直接触れることはありません。

atukai4.jpg

もしあなたが専門店でのコーティングを検討されているのであれば、どのような扱いをしているか、見学をして細かい部分もチェックしてみると良いかもしれません。
勿論、コーティングや作業環境・設備が整っているということは大前提ですが、車の扱いもお店選びの大切なポイントの一つであるからです。

とりあえず見学だけという方でも大歓迎です。お気軽にご来店下さい!


リボルト新潟のコーティングの詳細、施工環境・設備等については下記をご覧ください!

リボルト新潟のコーティングに関して

完全屋内の作業空間・高輝度LED照明等の設備に関して

トピックスのご紹介