- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト新潟

AUDI A4・Avant

新潟市中央区からお越しのお客様

アウディ A4アバント(アイビスホワイト)のご入庫、コーティング作業が完了いたしました。

2008年に発表されたこちらの4代目A4は、アルミニウムを多用することによって軽量化を達成したモデルです。
アウディと言えば、ライトの最先端技術でも世界のトップを争っているのは有名な話です。発売当時はLEDの採用が少ない中、ポジショニングランプをLED化し、ライトだけでもアウディと判別できるほどのデザイン性の高いフロントマスクを持っています。

今回、オーナー様は今年初めて新潟での冬を過ごされるということもあり、コーティングと同時に、下回り防錆加工もご依頼いただきました。
誠にありがとうございます。

当店の下回り防錆加工を行うことで、約0.3mm~0.5mmもの弾性を有する防錆剤が定着致しますから、シャーシ部に高い防錆効果があります。

a4防錆.jpg

特にこれから迎える冬シーズンは、道路に撒かれる塩カル(融雪剤)や凍結防止剤が錆を発生させる原因となります。シーズン前に下回りの防錆を行うことで、愛車を錆から守ることが可能ですので、ボディのコーティング同様、こちらもおすすめのメニューとなっております。

下回り防錆加工の詳細はコチラ!

さて、「下回り防錆加工」の後は、いよいよ「リボルト・プロ」の作業に入っていきます。
まずはお車の状態を確認していきましょう。
淡色のボディは濃色車より傷やシミが目立ちにくいですが、当店ではお車をお預かり後、高輝度LED照明を照射し、徹底したボディコンディションのチェックを行っております。
登録から5年以上経過したこちらのお車は、エンブレム周辺や各隙間に汚れが蓄積していました。
また、無数の線傷により艶が薄れ、全体的にぼんやりとした印象を受けました。

今回ご依頼いただいた、最上級コースの「リボルト・プロ」では、コーティング施工前に塗装本来の輝きを引き出すために、徹底した独自の下地処理を行います。

塗装の膜厚には限りがありますので、膜厚を考慮せず、むやみに磨けば塗装を薄くするだけでなく、塗装自体の耐久性にも損失を与えてしまいます。
最小限の研磨によって、最大限の輝きを引き出していく、リボルト独自の高度下地処理技術「Revolt adjust system(リボルトアジャストシステム)」によって、下地処理作業を進めていきます。
下地処理工程では、傷やシミを除去し塗装面を綺麗にすると同時に、ボディが平滑になることでコーティング剤の定着率を高める効果もあります。

下地処理後は、濃度100%の完全硬化型・低分子ガラスコーティング剤「リボルト・プロ」を、隅々まで手作業にて、施工していきます。
「リボルト・プロ」は、低分子構造の為、塗装表面の隅々にまでしっかりと入り込み、強い結合力を発揮する点も大きな特徴の一つです。

そして仕上げに、塗装面に悪影響を及ぼす紫外線(UVA・UVB)にからのダメージを軽減する成分を含有した「トップコート」を施工し、完成です。

今後はお渡ししたメンテナンスキットをご使用頂き、セオリー通りのボディケアをしていただければ、この輝きを維持できると思います。

この度は、当店にご依頼頂きまして、誠にありがとうございました。

a4-01.jpg

a4-10.jpg

新潟県エリアのお客様にハイクオリティなガラスコーティングをご提供しております。
REVOLTグループ
ガラスコーティング専門店【REVOLT NIIGATA/リボルト新潟】
〒950-0951 新潟市中央区鳥屋野2-4-14
TEL&FAX:025-250-6712
http://www.revolt-niigata.com/
お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから

施工時期:
2016年10月
施工内容:
リボルト・プロホイールコーティング窓ガラス撥水加工下回り防錆加工