- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト新潟

Dodge チャレンジャー SRT392

新潟市中央区からお越しのお客様

ダッジ・チャレンジャーSRT392(ピッチブラック)のガラスコーティング施工が完了致しました。
現代版・アメリカンマッスルカーの代表車とも言える名作、チャレンジャーのご入庫です。
唯一無二のグラマラスなボディライン、圧倒的な存在感、そして、V8エンジンが奏でる重厚な排気音は堪らないものがあります。2008年にデビューした2代目のチャレンジャーも熟成を重ね、現在はコウキモデルにはスーパーチャージャーを搭載した700馬力を越すモンスターモデルもあります。
ずっと眺めていても飽きのこない不思議なクルマですね。実車に乗るともっと病みつきになる可能性大の楽しいクルマですよ。

--------------施工メニュー--------------
☆リボルト・プロ☆
☆窓ガラス撥水加工☆
☆ホイールコーティング☆
---------------------------------------

2017年モデルの新車並行車として、新車でご購入されたこちらのチャレンジャーですが、塗装色が繊細なピッチブラック(ソリッド)という事もあり、お預り時には、雨ジミ・無数の洗車傷に覆われている状態でした。また、ブレンボブレーキの強大なパワーを受け止める犠牲となるのが、ブレーキパッドの鉄粉です。鉄粉は、足回りの下部、腰下からリアバンパー後部にかけて付着してしまいます。車高の低いスポーツカーやGTカーであれば、これは構造上避けられない点なのですが、これらもしっかりと除去しなければ、仕上がりクオリティに大きな差が出てしまいます。
また、アメ車特有のソリッドブラックの特性として、欧州車より軟質なクリア層ですが、その分、磨き手法を誤ると、細かなバフ目が残存してしまうという虞もあります。
国産車・欧州車とも違う、アメ車に特化した磨きを行う必要があります。
上記の点を踏まえ、1パネル・1パーツずつ丁寧に下地処理を進めていきます。

時間を掛けて丁寧に整えたボディへ、「リボルト・プロ」のガラス被膜を形成させます。
定着後はガラス被膜特有の艶感が加わり、透明感のある美しい「ピッチブラック」に仕上がりました。

今後は、普段の洗車時にメンテナンスリキッドを継続してご使用頂ければ、この艶と輝きを長期間維持できると思います。

この度は、リボルト新潟にご用命頂き、誠にありがとうございました。

392-02.jpg
392-03.jpg
392-04.jpg
392-05.jpg
392-07.jpg
392-08.jpg
392-10.jpg
392-11.jpg

ガラスコーティング専門店【REVOLT NIIGATA/リボルト新潟】
〒950-0951 新潟市中央区鳥屋野2-4-14
TEL&FAX:025-250-6712
https://www.revolt-niigata.com/
お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから
リボルト新潟youtube公式チャンネル☚動画による施工ギャラリーやビフォーアフター等の動画情報はコチラをご覧ください!
リボルト新潟のフェイスブックページはコチラ

施工時期:
施工内容:
リボルト・プロ車 ガラスコーティングホイールコーティング窓ガラス撥水加工