- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト新潟

ホンダ シビックHB

柏崎市からお越しのお客様

ホンダ・シビックHB(クリスタルブラックパール)のガラスコーティング施工が完了致しました。
当店では、今回ご入庫のシビックHBやタイプRを含め、多数の施工実績が御座います。
ご依頼頂きました、オーナー様、誠にありがとうございます!

--------------施工メニュー--------------
☆リボルト・プロ☆
☆窓ガラス撥水加工☆
☆ホイールコーティング☆
---------------------------------------

こちらのシビックHBは、初年度登録から約1年経過しており、ボディ各部のシミや線傷が非常に観受けられる状態でした。ボディカラーである「クリスタルブラックパール」は、数ある塗装の中でも非常にデリケートな塗装特性を持っており、慎重な取り扱いは勿論、適切なツールを用いた手法にて仕上がるカラーリングでもあります。
また、今回オーナー様がお気にされていた、社外ボンネットの状態です。

civicb-01.jpg
うねったような痕跡の傷が見られます。これは、オーロラマークと呼ばれる磨き傷です。
civicb-02.jpg
そもそもオーロラマークとは、研磨剤(コンパウンド等)の研磨粒子の傷と光の干渉によって起こる現象であり、このようにホログラムに似た色合いに見える事から、この俗称が付いております。
このオーロラマークは、洗車を行う事で付いてしまう、洗車傷とは違い、「人為的な磨き傷」なのです。どういう事かと言いますと、我々磨きを行う専門業者が扱う、研磨機(ポリッシャー)と研磨剤(コンパウンド)は、使用方法や組み合わせ、そして磨き方を間違えるとこのような傷が付いてしまう事になります。
上記のオーロラマークを、適切な研磨手段によって、これらをリセットし、クリア本来の艶感を引き出していきます。当然ですが、当店は、このような酷いオーロラマークを付ける事はありませんし、お客様のお車が、このような状態でお困りだとしても、解消するだけのノウハウを有しております。

時間を掛けて仕上げたボディをしっかりと脱脂・洗浄を行った後、ようやく、コーティング施工に入ります。クリスタルブラックパールは、非常にデリケートなので、洗車一つでも神経を使います。
コーティング範囲は、塗装面は勿論、ヘッドライトやテールレンズ等、機能部品も隅々まで「リボルト・プロ」のガラス被膜を形成させます。
低分子・硬化型ガラス濃度100%のベースコートと、紫外線(UVA・UVB)軽減効果と高い防汚性能を発揮するトップコートによる2層コーティングでボディを保護致します。
コーティング後は汚れを付きにくくし、付着した汚れも格段に落としやすくなりますので、洗車が楽になるのを実感して頂けます。

今後は、納車時にお渡ししております、メンテナンスキットを使用して定期的にケアをして頂ければ、この美観を長期間維持できると思います。

ご納車時には、オーナー様に大変喜んで頂く事が出来ました。
この度は、数あるコーティングショップの中から、リボルト新潟にご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

civic2019-03.jpg
civic2019-04.jpg
civic2019-05.jpg
civic2019-06.jpg
civic2019-09.jpg
civic2019-11.jpg

ガラスコーティング専門店【REVOLT NIIGATA/リボルト新潟】
〒950-0951 新潟市中央区鳥屋野2-4-14
TEL&FAX:025-250-6712
https://www.revolt-niigata.com/
お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから
リボルト新潟のフェイスブックページはコチラ

施工時期:
施工内容:
リボルト・プロホイールコーティング窓ガラス撥水加工