- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト新潟

マツダ CX-5

新潟市中央区からお越しのお客様

マツダ CX-5(クリスタルホワイトパールマイカ)のご入庫、コーティング作業のご紹介です。

魅力が詰め込まれたデザインには、ついつい注目してしまうものです。

当店では過去に何台も施工させて頂いている人気車種「CX-5」ですが、こちらのパールホワイトのカラーリングは今回が初施工となりました。

今やマツダのブランドイメージカラーとなった「ソウルレッドプレミアムメタリック」をはじめ、新しく登場した「マシーングレープレミアムメタリック」等、匠塗りという特殊な技法を駆使した塗装への注力が知られるようになりましたが、それに限らずこちらの「クリスタルホワイトパールマイカ」も非常に質の高い塗装であると感じました。最近のマツダ車には驚かされることばかりです。

今回オーナー様より、「リボルト・プロ」、窓ガラス撥水加工(全面)ホイールコーティングのご依頼を頂きました。誠にありがとうございます。

さて、こちらのお車は新車での施工となります。

新車であっても完璧な塗装状態ではないというのが現状でありますが、当店の高輝度LED照明にて細部までボディコンディションのチェックを行ったところ、シミや傷がほとんどなく稀に見る完璧に近い程の良好な状態でした。

しかし、マツダ車特有の「新車特有の塗装ボケ」が見受けられましたので、これを踏まえて下地処理工程でしっかりと解消します。

下地処理は、シミや線傷を除去するためだけが目的ではありません。
しっかりとした下地処理を施す事で、コーティングの定着に最適な塗装面に仕上げるという目的もございます。

肉眼では確認できないレベルですが、塗装の表面は凸凹しています。そのままコーティング剤を塗布しても効果はありますが、その凸凹を平滑な状態へと整えることで、コーティングの定着に差が生まれ、耐久性の向上に繋がるのです。

新車に下地処理は必要なのか?
↑気になる方、疑問に思う方はコチラをご覧ください!

下地処理を終え、仕上がったボディには、低分子・完全硬化型ガラス濃度100%のコーティング剤「リボルト・プロ」を時間をかけて塗り込んでいきます。。塗装面に限らず、ライトのレンズや未塗装樹脂部分へもコーティング致します。

特にSUVの車種では、ボディ下部のバンパーやフェンダー等に未塗装樹脂が使われていることが多い為、「リボルト・プロ」の施工は非常に効果的です。

施工作業の際に、未塗装樹脂部分の写真を撮影してみました。

1樹脂CX-5.jpg

左側が未施工部分、右側が「リボルト・プロ」施工部分になります。施工部分は、艶のある黒に変わっているのがお分かり頂けると思います。
2樹脂CX-5.jpg

新車・新品の未塗装樹脂パーツも、施工後は樹脂本来の深みのある艶を与えます。
3樹脂CX-5.jpg

隅々までしっかりと施工する事で、元々の質感を更に1ランク向上させることができます。
4樹脂CX-5.jpg

「リボルト・プロ」は低分子構造の為、樹脂の凸凹した表面にも緻密に入り込む事から、ガラスコーティング特有のしっとりとした自然な艶を与える事ができます。
また、低分子構造は、従来の高分子構造のコーティング剤と比較すると、ガラス皮膜の定着性・安定性が高い特徴があります。

施工後は3〜4μmもの圧倒的な膜厚のガラス皮膜が形成され、透明感のある輝きと艶を与えます。

そして仕上げに、紫外線(UVA・UVB)によるダメージを軽減させる成分を含有した「トップコート」で包み込み、二層式コーティングは完了となります。

今後はセオリー通りの洗車をしていただくことで、この艶と輝きを長期間に渡り維持することができます。

この度は、数あるコーティングショップより、当店にご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

4CX-5白.jpg

9CX-5白.jpg

新潟県エリアのお客様にハイクオリティなガラスコーティングをご提供しております。
REVOLTグループ
ガラスコーティング専門店【REVOLT NIIGATA/リボルト新潟】
〒950-0951 新潟市中央区鳥屋野2-4-14
TEL&FAX:025-250-6712
https://www.revolt-niigata.com/
お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから

施工時期:
2016年12月
施工内容:
リボルト・プロホイールコーティング窓ガラス撥水加工