- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト新潟

プロテクションフィルム(生活傷防止)

altopf-07.jpg
愛車への様々な生活傷を予防する為、プロテクションフィルム施工を承ります。

ドアアウタハンドル部やドア内部のステップ部、そして、リアゲートステップ部分等の傷や汚れを防ぐプロテクションフィルムをご紹介致します。

☆☆☆貼付するフィルムの特徴☆☆☆
卓越した透明感と平滑性
ポリウレタン素材を使用したプロテクションフィルムは従来素材の性質上、平滑性に乏しく施工後もヘイズを感じる製品が主流でした。使用するプロテクションフィルムは、日本製の精密な技術を生かし、これまでにない卓越した透明感と平滑性を実現しています。
フッ素コートによる高い防汚性
従来、ポリウレタン素材は組成上塗装面などと比較して汚れが固着しやすいという点があります。
使用するプロテクションフィルムは表層に特殊なフッ素被膜を有することで圧倒的な防汚性を実現します。
長期間持続する美しい撥水性
使用するプロテクションフィルムは表層に特殊なフッ素層を形成することで優れた撥水性を可能にしています。また、撥水効果は初期だけのものでなく長期間持続するのも特徴です。他社撥水タイプの製品と比較して大きな優位性が確認されています。

施工可能な箇所をご紹介致します。
-----ドアアウタハンドル部-----

altopf-05.jpg
ドア開閉時、爪傷が付き易いドアアウタハンドル部分
altopf-06.jpg

altopf-18.jpg
施工後は、高性能な透明フィルムが傷から保護します。
freedpf-05.jpg

-----ドア内部のステップ部-----

altopf-07.jpg
乗降時に、どうしても靴が当たってしまい、傷が付き易い箇所です。
altopf-11.jpg
ポリウレタン150μmの透明フィルムがステップ部分を保護します。
altopf-12.jpg
良く見ないとわからない程、高い透明度を誇ります。
altopf-13.jpg

-----リアバンパーゲートステップ部及びリアバンパーサイド部-----

altopf-14.jpg
こちらも荷物の積み下ろし時、傷が付き易いところです。
altopf-15.jpg
リアタイヤの石跳ねで傷や汚れが付き易いサイド部分も貼付可能です。
altopf-16.jpg
食品用ラップの約15倍の厚みがあるので高耐久性を誇ります。
freedpf-07.jpg
高い透明度でフィルムが貼られている事を感じさせません。
freedpf-08.jpg

その他の施工箇所に関しましては、ご相談お問い合わせ下さい!

施工前には事前に
【初年度登録】【車種名】【フル型式】【グレード】の確認が必要です。
車種別データで各部位の形状に合わせて作成し施工いたします。
データ作成後、フィルム施工に入りますので事前予約お願い致します。
データの無い車種も一部ありますので、お問合せ下さい。

お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ!

トピックスのご紹介