- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト新潟

ホンダ モンキー125

新発田市からお越しのお客様

ホンダ・モンキー125(バナナイエロー)のバイクコーティングが完了しました。
2016年に多くのファンに惜しまれながらも、生産終了となった「モンキー50」ですが、新たな排ガス規制をクリアし、125ccへとスケールアップした「モンキー125」が2018年に再登場致しました。
多くのモンキーファンを魅了する、愛らしいデザインとコンパクトで取り回しの良さは健在のようですね。自分もモンキーの存在を古くから知っておりましたが、この125cc版を見た時は、乗ってみたいと思いました。こちらのモンキー125のような趣味性全開のファンバイクは、長く愛着を持って楽しめる1台と言えますね。

--------------施工メニュー--------------
☆バイクコーティング☆
リボルト・プロ施工
---------------------------------------

こちらのモンキー125のオーナー様からは、ご納車前にご来店を頂き、作業内容やガラスコーティングの性質等のお話をさせて頂き、ご依頼を頂く形となりました。ご入庫は、ご納車直後にお持込頂きました。誠にありがとうございます。
車両状態は、大きな傷やシミ等もなく、比較的良好な状態ではありましたが、ガラスコーティングの定着の妨げとなる油分・汚れ等を除去するべく、まず最初に丁寧な脱脂・洗浄作業を行いました。
また、塗装面におきましては、クリア感を最大限に引き出すべく、研磨機を使用し、適切なポリッシュ工程を行います。

monkey01.jpg
タンク部分は勿論、サイドカバー部も、脱着可能な部品は取り外して行いました。
monkey02.jpg

また、バイクは四輪車と違い、全てが水を掛けてメンテナンスできる様には設計されていません。洗浄作業時には、シート(クッション部が水に浸るとなかなか乾かず、カビの原因にもなりかねません)の脱着や、電装品周りの養生は必ず行います。また、洗浄後には、水分を残さぬよう、エアブロワにて、徹底乾燥を行います。
バイクは、細かな精密機器や成型品の塊とも言えますので、各部取り扱いには充分注意し、行っております。

時間を掛けて下地処理を行った後は、「リボルト・プロ」の2層ガラスコーティング被膜を形成させます。
施工性を犠牲にしクオリティを追求して開発された、紫外線(UVA・UVB)軽減効果を持った、硬化型・ガラス濃度100%のベースコートと、高い防汚性能を付与するトップコートでで包み込み、車両の各部を保護していきます。

今後は、施工後にお渡ししておりますメンテナンスキットを使用したケアをして頂ければ、この艶と輝きが長期間維持できると思います。

この度は、リボルト新潟にバイクコーティングのご用命を頂きまして、誠にありがとうございました。

monkey-01.jpg
monkey-03.jpg
monkey-05.jpg
monkey-07.jpg
monkey-09.jpg
monkey-12.jpg

「リボルト・プロ」
「リボルト」
「リボルト・ライト」
「リボルト・ライト(新車限定)」
高度な下地処理技術
Revolt Adjust System

ガラスコーティング専門店【REVOLT NIIGATA/リボルト新潟】
〒950-0951 新潟市中央区鳥屋野2-4-14
TEL&FAX:025-250-6712
http://www.revolt-niigata.com/
お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから

リボルト新潟のフェイスブックページはコチラ

施工時期:
2018年9月
施工内容:
リボルト・プロバイク ガラスコーティング