- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト新潟

トヨタ ヴォクシー

見附市からお越しのお客様

トヨタ・ヴォクシー(ブラッキッシュアゲハガラスフレーク)のご入庫、コーティング作業のご紹介です。

力強さのある外観デザインで人気のスポーティなミニバン、ヴォクシー。
こちらのお車は、オプションカラーである「ブラッキッシュアゲハガラスフレーク」というダークブルー系のカラーリングです。
光の当たり方によってブラックに近い色味に見える時や、青みが強く現れて見える時があり、非常に綺麗なカラーです。

さらに、現行型ヴォクシーでは、全カラーに「セルフリストアリングコート」が採用されるようになったようです。
セルフリストアリングコートとは、すり傷に対して高い耐性を持つ特殊なクリア塗装が施された、自己修復性耐すり傷塗装です。
数多くのレクサス車にも採用されるこの塗装が採用されているということからも、トヨタのヴォクシーに対する熱意を感じますね!

また、当店ではこのセルフリストアリングコートの塗装車への施工実績が多数ございます。
下地処理(磨き)・コーティングともに、耐すり傷塗装の効果を損なわずに施工が可能ですので、安心してお任せ下さい。

さて、お車の状態を確認しましたところ、新車でしたので比較的良好な状態でしたが、特に濃色車は線傷が入っていることも珍しくはありません。
今回は新車のボディの保護に施されるラップガード痕が見受けられました。線傷に見える場合もあるラップガード痕ですが、判断を間違えば無駄な塗装研磨を施すことになりかねません。磨きの作業に入る前に、適切な処理をして除去致します。
また、左側リアドアパネルに、屋外では気付かなかった大きめの傷が確認できました。

voxyサイドパネルB.jpg

強く擦ったような痕が残っています。新車であっても油断はできません。

これら線傷も下地処理工程で解消し、コーティングの定着に最適な塗装面へと整えます。

voxyサイドパネルA.jpg

新車の塗装ですので、単に傷の除去をするべく磨き込むのではなく、塗装の膜厚を考慮して最小限の磨きで解消致します。

下地処理で仕上げたボディには、完全硬化型濃度100%のガラスコーティング剤「リボルト・プロ」を隅々までコーティング。
さらに2層目のコーティングには、塗装面や樹脂パーツへも悪影響を及ぼす紫外線(UVA・UVB)を軽減する成分を含有した「トップコート」で包み込みます。

今後は、納車時にお渡ししておりますメンテナンスリキッドを使ってケアして頂ければ、この艶と輝きが長期間に渡り維持できると思います。

この度は、リボルト新潟にご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

voxy-05.jpg

voxy-03.jpg

voxy-08.jpg

新潟県エリアのお客様にハイクオリティなガラスコーティングをご提供しております。
REVOLTグループ
ガラスコーティング専門店【REVOLT NIIGATA/リボルト新潟】
〒950-0951 新潟市中央区鳥屋野2-4-14
TEL&FAX:025-250-6712
http://www.revolt-niigata.com/
お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから

施工時期:
2017年3月
施工内容:
リボルト・プロホイールコーティング窓ガラス撥水加工