- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト新潟

マツダ CX-3

新潟市中央区からお越しのお客様

マツダ・CX-3(セラミックメタリック)のご入庫、コーティング作業のご紹介です。

マツダのデザインテーマ「魂動」を採用した新世代マツダの第5弾として発売された、クリーンディーゼル搭載モデル。

コンパクトなサイズであることを感じさせない、ダイナミックかつ流麗なスタイリングには、惚れ込んでしまう方も多いのではないでしょうか。

当店では初施工となるモデル・カラーリングとなりました。パールホワイトとはまた違ったクールな印象の美しい塗装ですね。

今回はオーナー様より、コーティング最上級コースである「リボルト・プロ」、窓ガラス撥水加工(全面)、ホイールコーティング、下回り防錆加工のご依頼を頂きました。

「リボルト・プロ」のコースにおいては、コーティング前に塗装面の下地処理を行います。

新車でも磨く必要があるのかと疑問を持つ方もいらっしゃると思いますが、下地処理には塗装面を整える目的があるのです。

平坦に見える塗装面も、実際は凸凹しています。その凸凹を、平滑に近づけるように整えることで、その後のコーティングの定着率に違いが現れます。

新車にも下地処理が必要なのか?詳しくはコチラをご覧下さい!

下地処理で仕上がった塗装面には、2層コーティングのベースコートである「リボルト・プロ」を時間を掛けて手作業にて塗り込んでいきます。完全硬化型ガラス濃度100%のコーティング剤であるが故に、扱いやすさや作業効率が犠牲になりますが、仕上がりのクオリティ重視で施工をしております。

施工後はガラス被膜特有の艶と輝きが付与されます。

また、最終コートに使用するトップコートには、紫外線(UVA・UVB)によるダメージを軽減する成分が含まれています。コーティングによって、紫外線による色褪せや塗装の劣化を遅らせることが可能です。

そして、塗装面に限らず、ライトのレンズ関係や未塗装樹脂部分にも施工できます。

cx-3樹脂1.jpg

「リボルト・プロ」は低分子構造で、未塗装樹脂パーツ等の表面が凸凹した部分へも緻密に入り込む為、施工後は未塗装樹脂本来の黒い色味となり、しっとりとした質感になります。
cx-3樹脂2.jpg

未塗装樹脂パーツにもコーティングを行うことで、紫外線による劣化の予防効果がございます。

今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。

また、今回同時にご依頼頂いた下回り防錆加工には、冬のシーズンは特に効果を発揮致します。

cx-3防錆.jpg

冬は道路に凍結防止剤や融雪剤が多量に撒かれる為、それが錆びを引き起こす大きな原因となります。

防錆加工を行うことで、塩害への高い耐性ができますので、新潟ではボディコーティング同様にお勧めのメニューとなっております。

下回り防錆加工の詳細はコチラをご覧ください!

この度は、数あるコーティングショップより、当店にご用命いただきまして誠にありがとうございました。

cx-3-01.jpg

cx-3-06.jpg

cx-3-08.jpg

新潟県エリアのお客様にハイクオリティなガラスコーティングをご提供しております。
REVOLTグループ
ガラスコーティング専門店【REVOLT NIIGATA/リボルト新潟】
〒950-0951 新潟市中央区鳥屋野2-4-14
TEL&FAX:025-250-6712
http://www.revolt-niigata.com/
お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから

施工時期:
2017年1月
施工内容:
リボルト・プロホイールコーティング窓ガラス撥水加工下回り防錆加工