- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト新潟

日産 エルグランド ハイウェイスター

新潟市東区からお越しのお客様

ミニバンの王様ともいうべく威風堂々としたスタイルが特徴的な日産エルグランドのご入庫、コーティング施工が完了しました。

塗色は「オーロラモーブ」で、日産車独自の塗装技術「スクラッチ・シールド」を採用したお車となります。
この「スクラッチ・シールド」は、通常の塗装に使われるクリアコートに"特殊高弾性樹脂"を配合させることで、塗装に弾性を持たせることが可能となり、細かなひっかき傷等を時間経過により復元可能としたものであります。更には、前述した"特殊高弾性樹脂"の結合密度を向上させたことで、塗装面へのダメージの凹みを最小限に低減できるので、塗装の強靭性を更に高いものとした塗装技術です。

以上の通り、通常塗装よりも利点のある「スクラッチ・シールド」ですが、実際には柔軟性を持ったクリア塗装の為か、シミが出来やすいという非常に繊細な一面も持ち合わせております。
また、汚れを取ろうとして、むやみに拭いてしまうと、その箇所がくすんだ曇ったような状態になってしまう事もあるようです。

話を戻しまして、こちらのお車の状態は、ボンネットを中心に洗車等で付いたと思われる線傷が無数に観受けらる状態でありました。
また、ルーフには雨ジミ等も発見できましたので、高度下地処理技術「Revolt Adjust System(リボルトアジャストシステム)」にて、この繊細且つ有限である塗装面を労わりながら、下地処理作業を行っていきます。
これにより、ややくすんでしまっていた塗装面を、より透明感のある状態に仕上げることが出来ました。

ただやみくもに磨いてしまっては、塗装膜を削って薄くしてしまい、更にはオーロラマークが出来てしまうことが容易に考えられるこの「スクラッチ・シールド」ですが、当リボルトグループの実績・経験から確立した新しい研磨技術を用いることにより、どのような塗装技術においても、対応することが可能となっております。
この下地処理技術であれば、上記の「スクラッチ・シールド」車はもとより、日産のスーパーブラック、トヨタの黒ソリッドカラーである"202"であっても問題なく施工可能です。

当店で「リボルト・プロ」をご依頼頂いたお車は全て、独自の高度下地処理技術「Revolt Adjust System」にてしっかりと塗装面を処理いたします。
塗装表面を平滑にすることで、「リボルト・プロ」の低分子ガラス被膜の定着を安定させることが出来ます。
低分子化させることで、一般的なコーティング被膜よりも、耐久性・安定性などが増し、圧倒的な艶と輝きを塗装面に与えることが可能となるのです。

今後は、セオリー通りの洗車及びメンテナンスをして頂ければ、長期間にわたりガラス被膜の艶と輝きが維持できると思います。

この度は、当店にご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

1-EL.jpg

7-EL.jpg

新潟県エリアのお客様にハイクオリティなガラスコーティングをご提供しております。
REVOLTグループ
ガラスコーティング専門店【REVOLT NIIGATA/リボルト新潟】
〒950-0951 新潟市中央区鳥屋野2-4-14
TEL&FAX:025-250-6712
http://www.revolt-niigata.com/
お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから

施工時期:
2014年7月
施工内容:
リボルト・プロホイールコーティング窓ガラス撥水加工