- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト新潟

スタッフによるコーティングうんちく

リボルト新潟の施工スタッフが下地処理(磨き)、コーティング、洗車など、気になったことを気まぐれに綴っていきます。

  • 成分に着目したコーティング剤の選択

    ここ数年でコーティング剤は、カー用品店・ネット通販等を通して、一般にも出回るようになり、製品の数も急激に増えてきています。 当然ですが、製品数が多くなれば多くなる程、一般のユーザーさんは非常に迷うと思われます。 また、出回っている製品のすべてを使ってみるわ...

     続きを読む
  • ヘッドライトの曇り・黄ばみ解消

    今回は、ヘッドライトの経年劣化による曇り・黄ばみの解消についてご紹介致します。 当店の代車で使用している「ダイハツ・タント」のヘッドライトです。 全体的に「曇り・黄ばみ」が酷く進行している事が分かります。 元々中古車での購入をした車両でしたが、経年劣化に...

     続きを読む
  • コーティング施工後のメンテナンスについて

    今回は、コーティング施工後のメンテナンスについて書きたいと思います。 まず、そもそもコーティングの真の目的とは何でしょうか? それは、「 塗装の酸化劣化を長期にわたり防ぐこと」であります。 ガラスコーティングを施工する事で、愛車の塗装面の美観は長期的に保護...

     続きを読む
  • コーティング再施工(部分施工)について

    コーティング施工後に、「車を擦ってしまった」「ぶつけられてしまった」等の理由で鈑金塗装修理を行った場合、修理の際に行う塗装の剥離と同時に、施工した「ガラスコーティング」自体も消失してしまいます。 鈑金塗装修理後は再度、その箇所にコーティングの再施工(部分...

     続きを読む
  • 磨き傷・オーロラマークについて

    今回は磨き傷に関する事例をご紹介したいと思います。 車の塗装面のトラブルで良く聞く話で、下地処理や仕上げの磨きの際に、適切な磨きが出来ていなかった、或いは、磨き処理が不完全であったことで付いてしまう、磨き傷・オーロラマークというものがあります。 下記画像を...

     続きを読む
  • 下回り防錆加工

    今回は、「下回り防錆加工」の作業内容を、ご紹介させて頂きます。 まず最初に、現存するどのような手段を講じたとしても「完全・完璧な防錆」は出来ません。 しかしながら、適切な防錆処理を施す事で、愛車の下回りを、錆の侵攻から長期間守ってくれる防錆手段が存在するの...

     続きを読む
  • 新車に下地処理は必要なのか?

    今回は新車にコーティングをする際に、なぜ下地処理が必要なのか?について書きたいと思います。 車の塗装の「膜厚」は、メーカーや車種により差はありますが、おおよそ平均で「100ミクロン」程の厚みしかありません。これは、分かりやすい単位でいうと、「0.1mm」程...

     続きを読む
  • お支払いには、各種クレジットカードをご利用頂けます。

    当店ホームページをご覧頂き、誠にありがとうございます。 【リボルト新潟】では、施工料金のお支払いに、各種クレジットカードのご利用が可能です。 (一部サービスは除きます) ご利用可能なカードブランドは下記の6種類となります。 また、当店での決済時におきまして...

     続きを読む
  • 紫外線軽減(UVカット)効果のあるトップコート

    ◆紫外線軽減(UVカット)効果のあるトップコートのご紹介です!◆ 当店のコーティングの全コースに使用されているトップコートには、紫外線を軽減させる効果が御座います。 紫外線は私たちの目には見えない短波長の電磁波であり、太陽より地上に多く降り注いでいます。ご...

     続きを読む
  • ハイクオリティ施工の追求 part2

    【ガラスコーティング】を専門店に依頼する前に、お客様の大切な愛車を預ける上で、どんな作業空間で行うのか?そのお店がどのような設備を持っているのか?を見て、充分に検討して頂くことをお薦め致します。 ①完全室内作業・完全室内保管 【ガラスコーティング施工します...

     続きを読む
  • 高度下地処理技術「Revolt ajust system」

    【ガラスコーティング】とは、ボディにコーティング剤を施工することで塗装面を保護し、また最大限の艶と輝きを創出するものであります。 しかし、いきなりコーティング剤を施工するわけにはいきません。 最適な下地処理をすることによって、はじめて【ガラスコーティング】...

     続きを読む
  • 膜厚計による計測

    今回は塗装とその膜厚についてのお話です。 自動車の塗装の膜厚は、メーカー・車種等によりそれぞれ違いますが、おおよそ普通乗用車の新車時の塗装膜厚は約100~150μmとなっております。 これがどのくらいの厚みかと言いますと、膜厚の単位である1μm(マイクロメ...

     続きを読む