スタッフによるコーティングのうんちく

リボルト新潟店の施工スタッフが下地処理(磨き)、コーティング、洗車など、気になったことを気まぐれに綴っていきます

コーティング施工後のメンテナンスについて

今回は、コーティング施工後のメンテナンスについて書きたいと思います。

まず、そもそもコーティングの真の目的とは何でしょうか?

それは、「 塗装の酸化劣化を長期にわたり防ぐこと」であります。

ガラスコーティングを施工する事で、愛車の塗装面の美観は長期的に保護されます。また、防汚性能も格段に上がりますので、洗車が楽しくなるのも、ガラスコーティングのメリットの一つでもあります。

しかし、メンテナンスなしで、コーティング効果が永続的に得られるという事は、あり得ません。

コーティング施工直後のボディコンディションは、余分な不純物もなく、綺麗なガラス被膜に覆われている、まさに"無垢の状態"となっており、基本的には、お客様ご自身で行って頂く、メンテナンス(洗車)をしっかりと実施して頂く事で、その美観を維持できるようになっております。

コーティング施工後の洗車についてはコチラをご覧下さい!

しかし、お車は基本的に常に外気にさらされており、様々な外的要因によるダメージを受けています。
その中でも、コーティング効果を損ねてしまう大きな要因の一つに、水分による加水分解(水が要因となるウロコ状の白いシミ等)があります。
コーティングのガラス被膜は非常にデリケートで、残念ながら、このガラス被膜は、上記加水分解の影響を受けてしまいます。

特に、止むを得ず、屋外駐車を選択しなければならない場合は、この加水分解の影響を避ける事は難しいと言えます。

よくある話ですが、コーティング施工直後は、撥水・渇水性が良かったのに、暫くの間、洗車せずにいたら、以前より水弾きや汚れ落ちが悪くなり、コーティングが取れてしまったのでは?と相談されるケースがあります。これはガラスコーティング自体が滅失してしまったのではなく、ボディ表面に過分な汚れや加水分解によるシミが多く付着してしまったことにより、コーティング効果が薄れてしまっているだけなのです。

上記の加水分解によって出来てしまう、ウロコ状の白いシミは、紫外線による影響も受け、洗車だけではなかなか落ちにくくなる場合があります。
オーナー様ご自身で実施して頂く、メンテナンス(洗車)だけでは、これらを防ぎきる事は困難なのです。

そこで、当店では、これらを解消し、ガラスコーティングの美観を持続すべく、有償のメンテナンスコースをご用意しておりますが、これは、あくまでも推奨メニューとなっており、車両の法定点検(車検整備)のように定期的に必ず受けて下さい!という訳では御座いません。

カーポートや車庫等で保管され、使用頻度も限られている場合や、施工後にお渡ししている、メンテナンスリキッドを使用したセオリー通りの洗車をしっかりと行っておられる場合ですと、加水分解による影響も少なく、ほぼ有償メンテナンスは必要ないケースもあるのです。
ただ、当店で行うコーティングメンテナンスでは、施工作業の仕上げに、ベースとなるガラス被膜を保護し、高品位な光沢と防汚性能を引き出す【トップコート】を施工致しております。

また、上述したシミだけでなく、丁寧な手洗い洗車をしているはずでもコーティング被膜上に細かな洗車傷が付いてしまう事も避けられません。
クリア層まで達する深い傷の場合は、コーティング被膜も同様にダメージを受けてしまうケースもありますが、浅めの傷であれば、メンテナンスの際に実施するポリッシング(磨き)作業によって、綺麗に除去する事ができます。

とは言え、お車1台1台それぞれ、使用状況や保管場所は全て異なりますから、ボディコンディションは、まさに千差万別であります。

当店では、お車のその時その時の、ボディコンディションに合わせ、最適なメンテナンスのご提案をさせて頂いております。

以上の事から、大切な愛車を長期間綺麗な状態で維持する為にも、オーナー様ご自身のメンテナンス(洗車)と、当店で実施させて頂くメンテナンス(有償)は何れも必要であると言えます。

メンテナンスについて.jpg