- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト新潟

バイク ガラスコーティングとは

バイクコーティングでは、タンクやカウル、フェンダーなど手塗りが出来るところはコーティングにてしっかりとガラス被膜・膜厚を確保いたします。

コーティング後は最新式のカーボンヒーター赤外線乾燥器による焼付を行います。従来の赤外線乾燥機に比べるとカーボンヒーター型は、被膜・塗装の内部まで熱が届くため、ムラの無い均一な被膜硬化が可能です。この焼付処理によって、被膜の乾燥を早めるとともに、耐久性向上やダメージ軽減効果が得られます。

bike_coating_2.jpg

バイクの塗装は車のそれよりも薄くデリケートです。塗装の膜厚を経験による勘だけでなく、数値的に測定することでリスクの軽減と一層のクオリティーアップが出来ます。

bike_coating_3.jpg

バイク ガラスコーティングのご紹介